FC2ブログ

daidokoro

残ったピラフでドリア

土鍋で炊き込みピラフを作ったのが中途半端に残ったので、ホワイトソースを作ってドリアにしました。
ピラフにもホワイトソースにもマッシュルームを入れてます。ホワイトソースの方には玉ねぎと一緒にみじん切りにしたマッシュルームを。バターで玉ねぎとマッシュルームを炒めて、米粉を加え混ぜ、牛乳を注いで混ぜ混ぜ。焦がさないように気をつけながら、好みのとろみがつくまで煮たらホワイトソースのできあがり。小麦粉より米粉の方が作りやすいかも。



・・・っで、ホワイトソースをピラフの上にのっけてシュレッドチーズと茹でたブロッコリーと海老を添えて、トースターでこんがり焼き上げるだけ。

ピラフはこれまでフライパンで作ったりもしていましたけれども、どうもお米に芯が残りがちな気がしまして。やっぱり土鍋で炊き込んだ方がうまくいくような...

それと、ピラフにする場合はお米を洗わないっていうのが普通かもしれないのですけれども(それでも性格上、洗います、はい。性格は直らないもんねぇ。)、なんと今回は洗った上に一晩水に漬けておくという暴挙に出ました。
・・・っで、それをザルにあげてしっかり水切りをしてから、フライパンで具材を炒めたところへ加えて炒め、お米が透き通ってきたら土鍋に全部移して水を加え、炊き上げます。(新しい土鍋での炊き込みご飯についてはこちらにもUPしてます。)
沸騰するまで中火。ポコポコ音がして蒸気が勢いよく出てきたら、うんと弱火にして12~13分ほど加熱。あとは火からおろして20分蒸らし。

今まで息子はドリアがあんまり好きじゃなさそうだと思っていたのが、今回は普通に美味いよと言っていたので、これからは普通に作っちゃおうとほくそ笑んでおります。へっへっへ。ドリアってご馳走感があって好きなのです。


いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ おうちごはんへ
おうちごはん


  1. 2015/12/29(火) 23:30:54|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なます3日目と、数の子の塩抜き。

来年のために覚書です。

母のなます3日目。たぶん、この作り方で良かったはず。
1日目、千切りにした大根と人参を下漬け。一応重さを量りまして、大根と人参の重量の3%の塩をしました。これはビニール袋(ジップロックではなくってシャカシャカタイプのビニール袋使用。)に入れてお手軽に。
2日目、下漬けで出てきた水分を捨て、甘酢に漬けます。母は米酢と砂糖でしたけれども、試しに米酢と蜂蜜を一度煮立てて冷ましたものを使いました。(煮立てるの、邪道かもしれないんだけれども、そのほうがまろやかになるような気がするので、南蛮漬けでもやはり一度煮立てています。)
3日目、甘酢を同じ分量で作り直し、甘酢を全替えしちゃいます。もったいないなぁと思うのだけれども(母もそう言っていたけれども。)、こうしたほうが味が良くなるって言ってたような言ってなかったような...3日目に輪切りにした金柑も加えます。



甘酢は、米酢と蜂蜜を同量にしてみました。(うちのなますはとにかく甘いのです...でも、蜂蜜ならきび砂糖より少ない量でも甘味が強く感じられるかなと。)
4日目、味をみてOKであれば、今度は茹で(蒸し)蛸を加えます。

kazunoko15-1229.jpg


↑っで、今日は数の子の塩抜きも開始。
初めは海水と同じくらいの濃度の塩水に漬けて、少しずつ薄めの塩水に替えて。

今日、菊花かぶも作ろうかと思ったのですけれども、なんとあろうことか米酢を切らしてしまいまして。息子の誕生日の仕度もあれこれあるので買いに出かけたくなくって、明日に延期。
...というか、ん~、なますを作るんだから、菊花かぶは洋風にしちゃおうかな。市販のドレッシングとか使っちゃって。へっへっへ。

いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん





  1. 2015/12/29(火) 23:06:14|
  2. 常備菜・下ごしらえ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金柑のマルサラワイン煮

母のなますを作るのに金柑が必要で探していたら、なかなか良さそうな(赤みの強い感じというかちゃんと熟した感じというか。)のがあったので、たっぷり買っちゃいまして。種取りがやや面倒ではありますけれども、甘露煮とジャムを作ることに。



…っで、甘露煮はブランデーかマルサラワインを入れるか迷って、なんとなく持て余しそうな方を使いました。へへ。
でも、たぶんこれ正解。甘いマルサラワインが、この甘露煮に合うような気がします。(↑あ、金柑の切込みと種取りがヘタクソで見た目が微妙なのはアレですけれども...orz)

金柑は洗ってヘタを取り、縦に切込みを数本入れて種を取り(熟していたのでこの段階で結構ちゃんと取れました。硬いのだと、茹でこぼした後のほうが無難かも。)一度茹でこぼして水に晒します。
鍋に、水とマルサラワインを100mlずつ、蜂蜜を100g入れて火にかけ、蜂蜜が溶けたあたりで水気を切った金柑を入れ、コトコト煮ます。途中アクが浮いてくるのでこまめに取り除いて、程よい煮詰め具合(煮汁が初めの3分の1くらいになってたかなぁ。)で火からおろして出来上がり。

marsala1228.jpg


↑今回使ったマルサラワイン。
このあいだ豚肉を焼いたときにマルサラソースを作ったものの、まだまだたっぷり残ってまして。金柑の甘露煮とジャムにそれぞれ使ってもまだあるので、あとはザバイオーネを作ります、そのうち。(呑んでなくなっちゃわなければ。)


いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん








  1. 2015/12/28(月) 20:40:36|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おせちにも梅れんこん

前にも何度か作ってる梅れんこん、お正月用にも作ろうかなと、苦手な包丁がんばってみましたぁ。(もうなんだか手切りそう!手切りそう!ってなりながら切るもんで、あっちこっちズタズタだったりしてますがw)
コトコト長時間煮込む梅ごぼうのようにしちゃうと煮崩れそうなので、短時間バージョンです。



↑ゆかりが余計な感じがしますけれども。
梅干は、半年に1回まとめ買いしている、昔ながらの作り方の梅干を使ってます。赤紫蘇も一緒に煮ると、ほんのりうす紅色が着くのですけれども、そのまま放り込んでしまうと赤紫蘇がクズクズになって見苦しくなってしまうので、出汁パックなどに入れて一緒に煮ています。(あ!何ならゆかりを出汁パックに入れて煮るとかどうだろうか。即席感は否めないけれども、案外いけるかも。)

短時間バージョンで、自然な甘味が出るのは殆ど期待できないので、みりんときび砂糖も少し加えてしまっています。それと薄口醤油(あれば白たまりのほうが色がきれいかと。今、美味しい白たまりを切らしてるので薄口醤油です。)を少し。みりん2に対して薄口醤油は1にしてみました。それで、味をみながらきび砂糖を加えて調えていく感じ。
こればっかりは、梅干の味にかなり左右されるので、チマチマ味見して好みの味にしていくしかないんですよね。

さて。これは冷凍保存で食味は落ちないでしょうか。試してみようっと。


いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りおうちごはんへ
手作りおうちごはん











  1. 2015/12/27(日) 20:02:38|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い煮込み

赤い煮込みって言うと若干怪しげですが。
金時人参、紫キャベツ、紫玉ねぎ、レッドキドニーを使った煮込みです。夏場はサラダにすることの多いレッドキドニー、秋から冬にかけては煮込み料理に使うのが好き~。



レッドキドニーの大きさにできるだけ合わせて、金時人参、紫キャベツ、紫玉ねぎと鶏もも肉を切っておきます。
熱した鍋にオリーブオイルをひき、鶏もも肉を入れて炒め、肉の色が変わってきたら、まずは紫玉ねぎとにんにく(皮剥いて適当にぶっ潰しただけ。)を加えて炒め合わせます。玉ねぎがやや透き通ってきたら、金時人参と紫キャベツとレッドキドニー(水煮缶を使ってます。缶から出してザルにあけ、一度ザッと水で流しちゃってます。)も加えて全体を混ぜるように炒め、水煮トマトとセロリ(うちは最近、10cmくらいの長さのものを細かく刻まずに入れて後で取り出しちゃいます。)ときび砂糖(もしくはみりん)少しを加えてコトコト煮ます。岩塩と胡椒で味を調え、仕上げにバターを加えてしばらく煮たらできあがり。

あと一品欲しいなというとき、小鉢に出したり、肉料理に添えたり(まぁ、これにも肉入ってるけど。息子には「こんなん肉が入ってるって言えるかぃ!」とか言われそうな量です。)、作っておくと意外と便利。そこそこ日持ちするので、常備菜カテゴリに入れてみました。(と言っても、小腹が空いたときなんかに引っ張り出してチョコチョコ食べちゃったりするから3日くらいでなくなっちゃうんだけれども。)

紫色の食べ物って、なんかこう、力強い感じと言うか体に良さそうなイメージと言うか。(スミマセン、科学的根拠とか知りません。そんな感じがするってだけw)今の時期は金時人参がよく出回るから、今のうちにもう少し買い足しておこうかな。


いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 常備菜へ
常備菜



  1. 2015/12/27(日) 19:54:09|
  2. 常備菜・下ごしらえ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

WELCOME!


無理なく無駄なく
できる範囲のてまかけごはん&おやつ

リンク切れ記事があるかもしれません
ゴメンナサイィm(_ _)m


RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

未分類 (7)
ごあいさつ (2)
常備菜・下ごしらえ (512)
料理 (458)
お菓子作り (254)
保存食 (34)
パン作り (36)
自家製ジャム (7)
こよみのごはん (14)
にゃんず (0)
飲み物 (13)
乳製品使わないお菓子 (3)
お買い物 (12)
台所菜園? (7)
ハンドメイド (1)
ついでしごとの作り置き (6)
お弁当 (15)
備え (4)
風邪をひいたら (3)
しましまスコーン (4)

Ranking


mytaste.jp

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



SHOPPING

SEARCH