FC2ブログ

daidokoro

水切りヨーグルトマフィン2種

米粉チーズマフィンに続き、水切りヨーグルトでもマフィンを作ってました。米粉で作ったほうはもちっとしてしっとり。でも、う~ん、ヨーグルトを多く使っているからおそらく小麦粉で作っても同じようになったと思うんだけれども、ちょいと重さを感じまして。

↓写真左が米粉のヨーグルトマフィンです。目が詰まった感じ。混ぜ方のせいもあったのかなぁ。ただ、これは実は作って3日目でして、これだけ日が経ってもなおしっとり感があるというのはさすが米粉といったところでしょうか。

…っで、右は大麦粉で作ったヨーグルトマフィン。見た目からしてこっちの方が軽い感じです。クリームチーズで作った大麦粉のマフィンは翌日にはパッサパサになっちゃったんですけれども、今回は大丈夫かも。

水切りヨーグルトを使う場合は、大麦粉がどうやら合うかもということで、分量の覚書を。
水切りヨーグルトと全卵を足して200gになるように作ったので、全卵の分量により水切りヨーグルトの分量を調整しています。でも、ヨーグルトの種類や水切り加減によって、かなり違いが出そうなんで、あくまでも目安程度にしかなりませんね...



<材料>
材料(A)
材料(B)
その他の材料
 大麦粉 120g
 ベーキングソーダ 1g
 ベーキングパウダー 2g





 きび砂糖 40g
 水切りヨーグルト 150g前後
 全卵 1個分
 溶かしバター 20g
 バニラエクストラクト 小さじ1




 レモン汁 小さじ2くらい
 









<下準備>
前もってヨーグルトは水切りしておきます。(だいたい一晩くらい)
材料(A)を大きめのビニール袋で計量して、袋の中で味噌漉しなどを使って振るっておきます。
バターを溶かしておきます。
マフィン型にグラシンカップを敷いておきます。オーブンを170℃に予熱開始。

<作り方>

(1)レモン果汁を搾り、種を取り除いておきます。

(2)ボウルにきび砂糖と全卵、牛乳、バニラエクストラクトを入れて泡立て器でよく混ぜ、溶かしバターを
  加えてよく混ぜておきます。 材料(A)も加えてよく混ぜます。
  このとき、初めは生地がゆるく感じるかもしれませんが、慌てて粉を足したりせず、少し待ちます。
  大麦粉が水分を吸って生地が落ち着いてきますので。

(3)オーブンの予熱が完了したら、(2)のボウルにレモン汁を入れて手早く混ぜます。
  型に生地を流し入れてオーブンで25分~30分ほど焼きます。竹串を刺して、ドロドロの生焼けの
  生地が付いてこなければ出来上がり。





いつもありがとうございますぅm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし



スポンサーサイト



  1. 2015/10/23(金) 23:33:22|
  2. お菓子作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WELCOME!


無理なく無駄なく
できる範囲のてまかけごはん&おやつ

リンク切れ記事があるかもしれません
ゴメンナサイィm(_ _)m


RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

未分類 (7)
ごあいさつ (2)
常備菜・下ごしらえ (512)
料理 (458)
お菓子作り (255)
保存食 (34)
パン作り (36)
自家製ジャム (7)
こよみのごはん (14)
にゃんず (0)
飲み物 (13)
乳製品使わないお菓子 (3)
お買い物 (12)
台所菜園? (7)
ハンドメイド (1)
ついでしごとの作り置き (6)
お弁当 (15)
備え (4)
風邪をひいたら (3)
しましまスコーン (4)

Ranking


mytaste.jp

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



SHOPPING

SEARCH