FC2ブログ

daidokoro

ほぼグルテンフリーな大麦粉のりんごケーキ(卵・バター使用)

要はアレです。いつものクレイジーケーキの応用のマフィンを、小麦粉使わずに、大きな型でドン!と焼いただけでしょっていう。
今回は米粉ではなく大麦粉。ものによって仕上がりに差が出やすい米粉と比べたら、やっぱり大麦粉はラク~。福井県産のものと岡山県産のそれぞれメーカーが違うもの、どちらの大麦粉でもほぼ同じように焼けます。そのうち、細粒と粗挽きで食感がどう変わるか試してみるつもりです。

大麦粉、小麦粉の代わりとして(大麦粉100%だと製パンには向きませんが。)もっと普及しても良いんじゃないかと思うんですけれどもね。近所のスーパーでも買えるようになると助かるんだけどなぁ。



↑グレーズの色が変。 生地の方にシナモンを入れるつもりが入れ忘れ、入れ忘れたことに気付いたのが焼き上がってからだったので、やむを得ずシナモンパウダーをグラスオシトロンに入れちゃえ!ってことで。まぁ、でもこれもアリかなと。

米粉の場合と違って油っぽさは感じないので、今回はバターもしっかり入れてます。(と言っても、粉120gに対してバターが40g程度で済むわけですから、四同割のケーキと比べたら断然バターが節約できてるわけで。)りんごはコンポートなどにせず生のまま。ついでに、若干持て余し気味だったりんごジャムも40gほど入れちゃってます。(たぶんこれもあってしっとり感がいつもよりUPしてるのかな。)

以前大麦粉100%のりんごマフィンを作ったときは、持て余していたヨーグルトを入れましたが、今回は牛乳です。ジャムと卵も入れたので、ジャム+全卵+牛乳でだいたい150g程度になればちょうどイイかなと。

<材料>
材料(A)
材料(B)
その他の材料
 大麦粉 120g
 ベーキングソーダ 1g
 ベーキングパウダー 2g
 岩塩 少々




 きび砂糖 30g
 溶かしバター 40g
 全卵 1個分
 牛乳 60ml
 自家製りんごジャム 40gくらい
 バニラエクストラクト 小さじ1



 レモン汁 小さじ3
 りんご 100gくらい 








*自家製りんごジャム
  適当な大きさに切ったりんごにレモン汁ときび砂糖をまぶして煮ます。りんごから水分が出てやわ
  らかくなったら一旦火からおろして、粗熱が取れたところでミキサーでガー。鍋に戻して水分を更に
  飛ばして程よいとろみ加減で火からおろしてできあがり。

<下準備>
材料(A)を大きめのビニール袋で計量して、袋の中で味噌漉しなどを使って振るっておきます。
オーブンを190℃に予熱開始。

(1)レモン果汁を搾り、小さめのいちょう切りにしたりんごにまぶしておきます。

(2)ボウルにきび砂糖、全卵、牛乳、バニラエクストラクト、りんごジャムを入れて泡立て器でよく混ぜ、
  溶かしバターを加えてよく混ぜ、更に材料(A)を入れてしっかり混ぜ合わせておきます。
  
(3)オーブンの予熱が完了したら、(2)のボウルに(1)をレモン汁ごと入れて手早く混ぜます。
  スクエア型に生地を流し入れてオーブンで25分~30分ほど焼きます。竹串を刺して、ドロドロの
  生焼けの生地が付いてこなければ出来上がり。

  お好みで、生地にシナモンパウダーを混ぜ込んだり、グラスがけをしてどうぞ。グラスオシトロンは
  レモン汁と粉糖を艶が出るまで練り混ぜたものです。


いつもありがとうございますぅm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし



スポンサーサイト



  1. 2015/09/23(水) 17:13:34|
  2. お菓子作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WELCOME!


無理なく無駄なく
できる範囲のてまかけごはん&おやつ

リンク切れ記事があるかもしれません
ゴメンナサイィm(_ _)m


RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

未分類 (7)
ごあいさつ (2)
常備菜・下ごしらえ (512)
料理 (458)
お菓子作り (254)
保存食 (34)
パン作り (36)
自家製ジャム (7)
こよみのごはん (14)
にゃんず (0)
飲み物 (13)
乳製品使わないお菓子 (3)
お買い物 (12)
台所菜園? (7)
ハンドメイド (1)
ついでしごとの作り置き (6)
お弁当 (15)
備え (4)
風邪をひいたら (3)
しましまスコーン (4)

Ranking


mytaste.jp

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



SHOPPING

SEARCH