FC2ブログ

daidokoro

早生みかんのムース

このあいだのレモンポゼット、クリーミーで大好きなんだけど、もう少し固めた方が食べやすいなという感じで。生クリームを煮立てて作るので、ゼラチンではなく粉寒天を使って少し固めてみることに。(粉寒天をしっかり溶かすのにどうせ沸騰させるので丁度イイんですよね。粉寒天でムース風のものは、以前にもこんなのを作ってます。)
今回は、レモンではなく早生みかんです。皮は使いません。果汁を搾るときに入っちゃった果肉も一緒に固めたのでところどころにみかんの粒々があります。

mikanposset.jpg


いつも牛乳寒天などを作るときには、600mlの液体量に対して2gの粉寒天を使ってます。固まるかどうかギリギリに近い分量だと思うので、全っ然、寒天っぽくない食感なんですが、家族にはこの食感の方が受けが良いので。
...っで、今回は生クリーム2パック(あぁ、なんと恐ろしい...orz)とみかん3個分に対して粉寒天1g。液体総量がだいたい500mlでしたので、入れる意味あんの?という程度の粉寒天の量ですね...2gでも良かったかなぁ。

作っている途中で念のため味見をしたら、やはりレモンのときと違って生クリームが強く出てしまっている感じで。急遽、残っていたレモンを搾って足しました。みかん果汁の割合をもっと増やしたほうが良いのかも。或いは生クリームの半量を牛乳に置き換えるか。

...とは言え、味も食感も結構好きな感じにできたので、一応覚書を。

みかん果汁 3個分(量ってみたら100mlでした)
レモン果汁 2分の1個分(要はこれしかなかったのです...orz)
生クリーム(動物性脂肪の) 2パック(400ml)
きび砂糖 50gくらい
粉寒天 1g

(1)みかんは一応洗ってから水気を拭いて、果汁を搾っておきます。(あ、レモンも。)果肉も入っちゃってOKです。と言うか、むしろ粒々が入ってたほうがおいしいと思います。
(2)鍋に、生クリームと粉寒天、きび砂糖を入れて火にかけ、吹き零れないよう焦がさないよう気をつけつつ混ぜ続けて煮立てます。煮立ったら粉寒天をしっかり溶かすように2分ほど混ぜ続けます。
(3)火を止めて、搾っておいたみかん果汁(とレモン汁)を加えて手早く混ぜ、容器に流し入れて粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり冷やし固めて出来上がり。

糖分は、みかんの甘さによって調整したほうが良いと思います。


スポンサーサイト
  1. 2014/09/26(金) 16:09:33|
  2. お菓子作り
  3. | コメント:0

WELCOME!


無理なく無駄なく
できる範囲のてまかけごはん&おやつ

リンク切れ記事があるかもしれません
ゴメンナサイィm(_ _)m


RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

未分類 (7)
ごあいさつ (2)
常備菜・下ごしらえ (503)
料理 (454)
お菓子作り (244)
保存食 (34)
パン作り (36)
自家製ジャム (6)
こよみのごはん (13)
にゃんず (0)
飲み物 (13)
乳製品使わないお菓子 (3)
お買い物 (12)
台所菜園? (7)
ハンドメイド (1)
ついでしごとの作り置き (6)
お弁当 (15)
備え (4)
風邪をひいたら (3)
しましまスコーン (4)

Ranking


mytaste.jp

ランキング参加中♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



ブログランキングならblogram

SHOPPING

SEARCH