FC2ブログ

daidokoro

もずくの寒天寄せ

味付けしていない生のもずくが安かったので買ってきました。お味噌汁の具にすることが殆どなんですが(天ぷらも美味しいんですけどね。ものすっご~~っく油がはねて恐ろしい思いをしまして...)うっかり使い忘れることもあるので、家族に飽きられずに食べてもらえそうなものを、ということで寒天で固めることにしちゃいました。(まぁ、目先は変わりますが、嫌がられる可能性もw)

さっそく、洗った生もずくと水と粉寒天をミキサーでガーして(このあたり、このあいだのあわ雪豆腐ひきずってます。)固めたんですが、それだとなぁんか見た目も食感も面白くないんですね...茹でたエビとか入れたけどもずくの色に埋もれちゃって全然きれいじゃないし。
...っで、途中で作り方変更。見た目を少しでも良くするために、食べるときにかける予定だったいつものかけぽんを寒天で固めたものも作って2層にすることに。透明感のある寒天なら、もずくだけの寒天に入れるよりも茹でたエビや枝豆もきれいに見えます。(まぁ、下のもずくもずくした色は完全に透けて見えてますけれども。)

mozukukanten.jpg


なんか途中で余計な手間をかけた上に、実は1度失敗してこれは2回目だったりします...まったくこのクソ暑い中よくやるわ、でございます...orz
一応がんばったので、覚書を。


<もずくの層>
生もずく(味付でない物) 80gくらい(1回失敗したので足りなくて。でもこれくらいでイイかも。)
水 300ml
粉寒天 1g
かけぽん 大さじ1

<かけぽんの層>
水 300ml
粉寒天 1g
かけぽん 大さじ2
茹でたエビ・枝豆などお好みで(オクラやカニでも良いかも。)

固まってから、プッチンプリンみたいに別の器にひっくり返す場合は、かけぽんの層の方から作ります。
鍋に水と粉寒天を入れて弱めの中火にかけ、泡立て器で混ぜ続けて沸騰したら2分間さらに混ぜ、火からおろしてかけぽんを加えてよく混ぜておきます。茹でたエビや枝豆などを器の一番下に並べて、寒天液を器の3分の1くらいまで流し入れます。
もずくの層は、ミキサーに分量の水ともずくと粉寒天を入れてガーして、鍋に移して弱めの中火にかけ、泡立て器で混ぜ続けて沸騰したら2分間さらに混ぜ、火からおろしてかけぽんを加えてよく混ぜておきます。
かけぽんの層が固まってきたら、もずくの層を(粗熱が取れていないようなら氷水を鍋に当てて混ぜながら程よく冷やします。)流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。
全体が固まったら、お皿などの器にひっくり返して出来上がり。

別の器にひっくり返さない場合は、順番を逆に。透明のグラスなどに流し入れたら涼しげできれいかも。

あ。「かけぽん」っていうのは、チョーコー醤油さんの商品で、要はぽん酢醤油です。酸っぱ過ぎないしょっぱ過ぎないので、愛用してます。


スポンサーサイト



  1. 2014/07/17(木) 19:40:29|
  2. 料理
  3. | コメント:0

WELCOME!


無理なく無駄なく
できる範囲のてまかけごはん&おやつ

リンク切れ記事があるかもしれません
ゴメンナサイィm(_ _)m


RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

未分類 (7)
ごあいさつ (2)
常備菜・下ごしらえ (512)
料理 (458)
お菓子作り (254)
保存食 (34)
パン作り (36)
自家製ジャム (7)
こよみのごはん (14)
にゃんず (0)
飲み物 (13)
乳製品使わないお菓子 (3)
お買い物 (12)
台所菜園? (7)
ハンドメイド (1)
ついでしごとの作り置き (6)
お弁当 (15)
備え (4)
風邪をひいたら (3)
しましまスコーン (4)

Ranking


mytaste.jp

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



SHOPPING

SEARCH