daidokoro

炊き込まないエビピラフ

なんと、昨日右の人差し指を負傷いたしました…orz
料理をしていて、ではなくて、日曜大工的なことをしていて、ステンレステープの角を指先にブッスリ刺してしまいまして。今回は結構傷が深くて焦りましたが、化膿する様子もなく傷口も一応くっついてるので病院には行かずに済みそうです。イソジン(うがい薬じゃなく消毒薬&軟膏のほう。)さまさまです。

そんなわけで、結局金曜日から手抜き料理ばっかりです~。今日のお昼はエビピラフ。簡単に、冷やご飯と、茹でて冷凍してあったエビを使いました。またしてもパセリを持て余していたので多めに入れました。パセリがいい香りです。

itamegohan13.jpg


(1)コンソメキューブ(マギーのNZ産コンソメキューブ使ってます)2個を大さじ2くらいの
  お湯で溶かしておきます。冷やご飯は軽く温めておきます。
(2)熱したフライパンにバターをやや多めに入れて(焦がさないように…)適当な大きさに
  切った玉ねぎを入れて炒め、茹でて冷凍しておいたエビを加えて炒め、(1)を入れて
  少しだけグツグツさせます。(煮過ぎるとエビが硬くなるので本当に少しだけ)
(3)火を止めて、粒胡椒を挽いて加え、冷やご飯も加えてムラなく全体をよく切り混ぜます。
(4)再び火をつけて刻んだパセリも加えて混ぜ、全体を炒めたら味をみて薄ければ塩で調
  えてできあがり。

お湯に溶いたのを使ったりしたらベチャッとしない?と思いますよね。これが意外とベチャッとしないんです。もちろん、お湯の量が多ければベチャッとしちゃうと思いますが…

先に具の方に味をつけちゃうというか、ソース的なものを作っておいてからご飯を混ぜ込むというか、このやり方は、以前TVで観たチキンライスの作り方にヒントを得ました。そのチキンライス、鶏肉や玉ねぎを炒めてケチャップなどの調味料を入れてグツグツ煮ちゃうんです。それで艶が出てきたらご飯を混ぜ込むという。
これがまぁ、失敗しないで上手く作れるんですね。それ以来、チキンライスやピラフを炊き込まないで作る場合は必ずこの方法で作ってます。
一旦火を止めてから混ぜ込むので、焦らず作れます。


さて。今日は夕食も簡単に…カレーの壺を使ってスリランカカレーです。
早く傷治ってくれ~~~っ。

スポンサーサイト
  1. 2013/07/28(日) 11:02:01|
  2. 料理
  3. | コメント:0

切干大根のピリ辛ポン酢漬け

このところずっと暑い日が続いていて、煮物ではなくサッパリ食べられる切干大根のはりはり漬けを作ろうかなぁと思いつつ、簡単にポン酢醤油に漬け込むことにしちゃいました。

暑い暑い面倒だなどと言いつつ、火も使ってます...なんとなく、切干大根は水で戻しただけでなく一度茹でこぼしてから使いたかったんです。スミマセン、深い意味はありません...(はりはり漬けのレシピを検索してみると、歯ごたえを残すために水戻しもしないというレシピも見かけましたので、本来は茹でこぼすものじゃないのだと思います。)

kiriboshi13-0713.jpg


↓分量が「○○くらい」ばっかり...orz

【材料】
切干大根 1袋(30g)
きゅうり 1/2本くらい
人参 1/4本くらい
ポン酢醤油(うちはチョーコーのかけぽんです) 大さじ1くらい
きび砂糖 大さじ1くらい
胡麻油 たらっと回しかけるくらい
ラー油(うちのはプッシュして出すタイプ) 2プッシュくらい

【作り方】
(1)切干大根をよく洗って、5分くらい水に浸けておく。
(2)きゅうりと人参は千切りにしておく。
(3)切干大根の水気をしっかり絞ってから、沸騰したお湯でサッと茹でる。歯ごたえを
  残したいので本当にサッと。1分くらいかなぁ。茹でたら流水に晒して水気を絞っておく。
(4)(2)と(3)をジップロックや保存瓶などに入れて、ポン酢醤油と胡麻油とラー油を加え
  て(シャカシャカ振って)全体をよく混ぜ合わせる。密閉して冷蔵庫へ。
  1時間くらいで味が馴染んで食べられました。

きゅうりと人参は塩もみせずにそのまま使っちゃいましたが、普通にポン酢醤油が馴染んでくれました。
ポン酢醤油の種類によっては、塩気や酸味が強く出てしまうかもしれませんので、ポン酢醤油の量を減らしたり、砂糖の量を増やしたりで調整すると好みの味になると思います。

切干大根は結構ニオイが強いので、ジップロックや保存瓶などのしっかり密封できるものを使ってます。(お菓子作り用のバターなどにニオイが着くのイヤなので、玉ねぎや長ねぎなども切ったものは同じように保存瓶やジップロックに入れて冷蔵保存しています。瓶は特にニオイ漏れしなくて便利です。煮沸消毒もできますし。



  1. 2013/07/13(土) 15:38:07|
  2. 常備菜・下ごしらえ
  3. | コメント:0

青紫蘇豆腐もどき

スーパーできれいな色のついた「○○豆腐」みたいなのを見かけて、自分でも作れないかなぁなんて。
...っで、試しに大葉を混ぜ込んだらどうかなと思って作ってみました。
にがりも持ってるんだけど、今日も手抜きの粉寒天です。へへ。

sisotofu13-0710.jpg


基本は前に作った粉寒天で冷奴風と同じですが、今回はだし汁を使いませんでした。大葉の香りを一番に楽しみたかったので。

【材料】
粉寒天2g
大葉15枚くらい
水100ml
豆乳400ml

【作り方】
(1)よく洗った大葉と水100mlをミキサーで攪拌。大葉がだいたい粉砕(!?)されてればOK。
  もしかしたら、ここで大葉をきちんとすり鉢でするとより良いのかもしれないです。

(2)鍋に(1)と粉寒天を入れて弱めの中火にかけて泡立て器で混ぜる。
  煮立ってきたら弱火にして粉寒天がしっかり溶けるまで2分くらい混ぜ続ける。
  (2分混ぜ続けるというのは、かんてんぱぱの説明書に載ってました。)

(3)(2)を火からおろし、豆乳を一気に加えてよく混ぜ合わせる。器に流し入れて冷やせばできあがり。

だし汁を使ってませんが、かけるのもだし醤油ではなく普通の醤油で充分美味しかったです。一口食べると大葉の香りがふわんと鼻に抜ける感じで、爽やかです。

スーパーで売ってる枝豆豆腐とか柚子豆腐とかのようなきれいな色っていう感じとはかけ離れちゃいましたが、粉寒天で作る豆腐もどきなら手軽だし、まぁ、これはこれでアリかなと...

これ、面白いので、夏の間にいろいろ作ってみようと思います。枝豆はできるかどうか自信ないけど、柚子はできそう。あおさのりなんかもイケるかな。それと玉蜀黍豆腐もどきってのも作ってみたい!



  1. 2013/07/10(水) 12:57:40|
  2. 料理
  3. | コメント:0

WELCOME!


無理なく無駄なく
できる範囲のてまかけごはん&おやつ

リンク切れ記事があるかもしれません
ゴメンナサイィm(_ _)m


RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

未分類 (7)
ごあいさつ (2)
常備菜・下ごしらえ (408)
料理 (383)
お菓子作り (224)
保存食 (29)
パン作り (33)
自家製ジャム (6)
こよみのごはん (9)
にゃんず (0)
飲み物 (12)
乳製品使わないお菓子 (3)
お買い物 (10)
台所菜園? (6)
ハンドメイド (1)
ついでしごとの作り置き (6)
お弁当 (9)
備え (3)
風邪をひいたら (3)
しましまスコーン (1)

Ranking


mytaste.jp

ランキング参加中♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



ブログランキングならblogram

SHOPPING

SEARCH