daidokoro

よもぎのしましまスコーン

大分合同新聞のまとめニュース
↑熊本地震関連のニュース以外にも情報いろいろ載ってます。

今日はなんだか暖かかったので、ちょいと春っぽい感じのお菓子を焼きました。よもぎ粉末を使ったしましまスコーン。このあいだの桜のスコーンよりちゃんとしましまになりました。(しましまスコーンについてはこちらに書いてあります。しましまぢゃない方の、バター不使用ココナッツオイルのスコーンについては旧ブログの方にあります。)



スコーン生地に折り込んだよもぎの層には、無塩バター20gに対してアーモンドプードルが20gとよもぎ粉末を10g入れちゃったんで、もしかしたらよもぎが多すぎたかなぁと思いきや。生地の粉類に混ぜ込むよりたぶん食べやすい。(よもぎ粉末のメーカー?種類?によって違う可能性ありですが。)
程よいよもぎ感で、今回はイイ感じです。
生地の方には、若干持て余し気味の胡桃を砕いて入れてます。今回はサクサクザクザク食感。

scones-i-18-0215.jpg


・・・っで、せっかくイイ感じにできたのに、余計なことしてグラスがけするっていう。
アイシングの方はよもぎ粉末ではなく抹茶を使ってます。

(スコーン生地)
強力粉(北海道産) 70g
薄力粉(北海道産) 130g
ベーキングパウダー(ラムフォード) 4g
きび砂糖 30g(ちょっと増やした。)
無塩バター 70g
胡桃 20gくらい
牛乳 冷たい状態で。90mlくらい~様子を見て増減。

(折り込み用)
無塩バター 20g
よもぎ粉末 10g(種類によってはこの半量の方が無難かも。)
アーモンドプードル 20gくらい

(抹茶アイシング)
抹茶・粉糖・牛乳 各適量(ま~た量るの忘れて目分量...orz)

yomogi18-0215.jpg


前にもよもぎ粉末を使ったスコーンを作ったんですが、そのときと同じくらいによもぎ粉末を使ってるのに、今回は全然薬草な感じがしません。よもぎ粉末の種類にもよるのかなぁ。今回使ったのは↑こちらのよもぎ粉末。農薬不使用。


いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし






スポンサーサイト
  1. 2018/02/15(木) 19:06:26|
  2. お菓子作り

グルテンフリー・きな粉ブラウニー

大分合同新聞のまとめニュース
↑熊本地震関連のニュース以外にも情報いろいろ載ってます。

やっちゃった感がありますけれども。きな粉、持て余してるんで。(きな粉のしましまスコーンに使ってもまだたくさん残ってます。お餅そんなに食べないのになんでそんなに年末にきな粉ばっかし買った?って思う...反省してます...)以前作った米粉のブラウニーの米粉を全量、きな粉に置き換えちゃったw

米粉で作ったときも吸水がすごくて焦りましたが(つ~か、しっかり失敗してた...orz)きな粉は米粉の比ぢゃなかった。仕方ないので、粉類を混ぜ込んでから慌てて牛乳を投入しました。
焼き立ては、ココア味の豆腐かよ、って味でしたが、一晩置いたら良い具合に味が馴染んで大豆感はほぼ消えました。まぁ、でも、バニラエクストラクトの量を増やすか、チョコレートリキュールを入れるか何かした方がイイ感じですな。



配合と作り方の覚書。今回はきび砂糖をかなり減らしているので、甘さ控えめ。さすがにこれ以上減らすと美味しくないと思うので、これが限界かなぁ。ラカントSをミルミキサーで細粒にしたものを使うことも考えましたが、試したことがないので今回はパス。(砂糖の種類によっては、チョコレートに混ぜ込むときに分離することがあるもんで...)

きな粉 50g
ココアパウダー(純ココアです。) 50g
ブラックチョコレート 50g
無塩バター 70g(いつもの普通のブラウニーより10gほど減らしてます。)
きび砂糖 60g(いつもの普通のブラウニーより20gほど減らしてます。)
全卵 2個分(これは通常より多目。)
牛乳 大さじ3くらい
ベーキングパウダー 2g
バニラエクストラクト 小さじ2くらい(なければバニラオイル少々+ブランデー小さじ2くらい)

※※今回、粉類を混ぜ込んだ後で牛乳を慌てて追加しちゃいましたが、全卵を濾したものと予め合わせておくのが良いかと。また、バニラエクストラクトは大さじ1くらい入れた方が良いと思います。できればチョコレートリキュールの方が良いかも。


混ぜる順番と、湯煎で溶かしたチョコレートにうっかり水滴を入れたりしないこと(分離しちゃうので。バターをレンジで溶かす際に、器にラップをかけたりなんかしてガッツリ溶かしちゃって、ラップに水滴がついてたらしく、バターとチョコレートを合わせた瞬間に分離、っていう惨事も...orz)さえ気をつければ、混ぜて焼くだけでまず失敗することが無い簡単レシピです。

【作り方】

(1)オーブンを180℃に予熱開始。
  きな粉・ココアパウダー・ベーキングパウダーはビニール袋で計量し、袋の口を閉じて振り混ぜておきます。
  全卵はときほぐしてから一度漉して、牛乳・バニラエクストラクトを混ぜておきます。

(2)湯煎にかけて溶かしたブラックチョコレートに、溶かしたバターを合わせてよく混ぜ、きび砂糖を加えてさ
  らによく混ぜます。熱いようなら少し冷ましてから、濾した卵液を加えてよく混ぜます。

(3)合わせて振り混ぜておいた粉類の1/3ほどの量を(2)に加えてしっかり混ぜ込んだら、残りの粉類をさ
  らに加えてしっかりと混ぜ込みます。(いきなり粉類の全量を加えてしまうと粉が飛び散ってとても混ぜに
  くいので、この方法が無難です。って、小麦粉レシピのときは書いてたけれども、米粉の場合は案外平気
  みたいです。)

(4)型に生地を入れて(お好みで胡桃をトッピングして)、180℃に予熱したオーブンで20分くらい焼きます。
  竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がり。(型や個数、オーブンの機種などによって焼き時間は異
  なります。)




いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし



  1. 2018/02/11(日) 00:08:55|
  2. お菓子作り

桜のしましまスコーン(あんまりしましまぢゃないけれども。)

大分合同新聞のまとめニュース
↑熊本地震関連のニュース以外にも情報いろいろ載ってます。

(先週instagramの方にはUPしてたのに、こっちに書くの忘れてた...)
桜茶(桜花の塩漬け)が手に入ったので、しましまスコーンにしてみました。(しましまスコーンについてはこちらに書いてあります。しましまぢゃない方の、バター不使用ココナッツオイルのスコーンについては旧ブログの方にあります。)



...が。混ぜ込む桜茶をケチったせいで、あんまりしましまになってないぃぃぃ...orz
とりあえず、塩抜きした桜茶を細かく刻んだものと、ズルをしてクチナシ色素を加えたアイシングをかけてごまかす。ケチったけれども、桜の香りはちゃんとしてます。ほんのり桜の香る、甘じょっぱ系のスコーンになりました。

今回は桜のアイシングがイイ感じだったんで、これをマフィンとかマドレーヌとかに使ったらイイかなぁと。(しっかりとしましまの出るスコーンにするには、ちょいと材料費がかかり過ぎるからw)

せっかくなんで、一応配合覚書を。
桜茶はこの分量を水に浸けて塩を落とし、がくの部分などは取り除き、水気をしっかり搾ってから使ってます。

(スコーン生地)
強力粉(北海道産) 70g
薄力粉(北海道産) 130g
ベーキングパウダー(ラムフォード) 4g
きび砂糖 20g
無塩バター 70g
牛乳 冷たい状態で。90mlくらい~様子を見て増減。

(折り込み用)
無塩バター 20g
桜茶 20g~(これぢゃぁ全然足りないんだけれども。)
アーモンドプードル 20gくらい

(桜のアイシング)
桜茶 ほんの少し
クチナシ色素 ほんの少し
粉糖 適量
レモン汁 適量(・・・って、要はどっちも量り忘れた。)

レモン汁にしないで水若しくは牛乳でも良かったかなぁ。



いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし





  1. 2018/02/09(金) 23:54:19|
  2. お菓子作り

きな粉と黒糖のしましまスコーン

大分合同新聞のまとめニュース
↑熊本地震関連のニュース以外にも情報いろいろ載ってます。

一口サイズで焼いた、きな粉と黒糖のしましまスコーン。
一番初めのしましまスコーンに戻った感じ?
きな粉が余ってまして。(お正月用に用意したお餅に対して用意したきな粉が多過ぎた...orz って言うか、きな粉餅まだ食べてない。)ピーナッツバターのようなきな粉バターを作って消費してしまおうということで、スコーンに使いました。



ココアのしましまスコーンで、ココアは20g入れちゃうと若干粉っぽかったので、きな粉は10gに減らしてみました。また、このあいだ作ったスコーンでバターを今までより増やしてみたのがイイ感じだったので、今回も増やしたまま。乾燥してるんで、最後に加える牛乳も多め。
・・・っで、粉っぽくなく、ちょっとパイのような食感(これは粉を変えたせいだと思いますが。)にできました。

強力粉(北海道産) 70g
薄力粉(無農薬栽培の全粒粉) 130g(かなり細かく挽かれているもので、全粒粉っぽくないです。)
 (※※↑ここ訂正!薄力粉ぢゃなかった。ちくごいずみ、っていう熊本産の全粒中力粉でした。だから食感が変わったんだ。)
ベーキングパウダー(ラムフォード) 4g
きび砂糖 20g
無塩バター 70g
牛乳 冷たい状態で。90mlくらい~様子を見て増減。

(折り込み用)
無塩バター 20g
きな粉 10g
粉末黒糖 10g

折り込み用のペーストは、いつもは冷凍庫でカチカチに凍らせてから使ってますが、きな粉入りのでそれをやるとバキバキ折れちゃって折り込むのが難しかったので、冷蔵庫でチョット冷やし固める程度が無難なようです。


いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし





  1. 2018/01/13(土) 19:51:56|
  2. お菓子作り

柚子スコーン

大分合同新聞のまとめニュース
↑熊本地震関連のニュース以外にも情報いろいろ載ってます。

おせち用に作っておいた柚子皮のワイン煮を使ってしましまスコーンを作りました。
が。
ちゃんとしましまになってないぃぃ。
ワイン煮ではなくて、もっとちゃんと乾燥させて柚子ピールにしたものを使った方が良かったみたい......



柚子の香りはしっかり出てるので、味は大丈夫です。
あ゛。
そういえば似たようなこと前にも失敗してる!何のために記録してるんだか...orz

配合覚書。

(スコーン生地)
強力粉  70g
薄力粉  130g
ベーキングパウダー(ラムフォード) 4g
きび砂糖 20g
無塩バター 70g(いつもより増やしてみました。)
牛乳 冷たい状態で。80mlくらいを生地の様子を見て増減。

(折り込み用)
無塩バター 20g
アーモンドプードル 20gくらい
柚子皮のワイン煮 70gくらい


柚子皮のワイン煮が美味しかったので、第二弾の下ごしらえ中です。



いつもありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 トラコミュ 手作りパン、手作りお菓子のある暮らしへ
手作りパン、手作りお菓子のある暮らし




  1. 2018/01/04(木) 19:05:17|
  2. お菓子作り
次のページ

WELCOME!


無理なく無駄なく
できる範囲のてまかけごはん&おやつ

リンク切れ記事があるかもしれません
ゴメンナサイィm(_ _)m


RECENT POSTS

ARCHIVES

CATEGORIES

未分類 (7)
ごあいさつ (2)
常備菜・下ごしらえ (428)
料理 (401)
お菓子作り (232)
保存食 (30)
パン作り (34)
自家製ジャム (6)
こよみのごはん (13)
にゃんず (0)
飲み物 (12)
乳製品使わないお菓子 (3)
お買い物 (11)
台所菜園? (7)
ハンドメイド (1)
ついでしごとの作り置き (6)
お弁当 (11)
備え (3)
風邪をひいたら (3)
しましまスコーン (1)

Ranking


mytaste.jp

ランキング参加中♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪



ブログランキングならblogram

SHOPPING

SEARCH